介護の世界に限らず派遣社員には基本的に異動がない。そのことで指示する側の正社員が指示される側の派遣社員よりも仕事に対する知識が乏しいという状況になり、これが人間関係の悪化を招くケースがある。介護の現場はメンバー相互の連携なしでは仕事自体が回っていかない部分が多いため、言い方を変えると人間関係がうまくいかないと不都合が起きやすい業界とも言える。

いじめが原因で、派遣社員が今すぐにでも辞めたいと思って派遣元に辞めたいことを伝えても、派遣元には更新期限まで我慢してくれと頼まれたり辞めたことでその派遣会社からは次の仕事を紹介してもらいにくくなることを考えて、派遣社員は思い切った対策を取ることができないのだ。解決策として積極的に派遣先を辞めることを勧めるわけではないが、辞めることを考慮にいれて、辞める前にしっかりと転職活動をしておくことも大切だろう。

そこに留まって我慢して仕事を続けることが精神衛生上良くなかったり、体調を崩した結果うつになってしまい、仕事そのものができなくなる可能性があるならば、職場を変えることもをお勧めする。迷っているのであれば冷静になって、自分が何を優先すべきなのか考えることで、答えは見つかるだろう。派遣社員であっても利用者に好かれ信頼がある介護士であれば別の職場でも通用するので、一歩を踏み出す勇気を持つことも大切だ。またいじめの経験を経た上で、そこで学んだ人間関係の作り方を次の職場に活かせると考えてみても良いだろう。人との関わりに悩んでいる時には、<派遣の人間関係に悩んだら見るサイト>も参考になるはずだ。

 © 2019 - 無くならない職場のいじめ