カードローンを比較したときの方法

いくらでも借入できるわけではない

金利計算機

結局、年率14.0%の大手銀行から50万円の融資を受けたのです。50万円の借入においては、利息制限法で18.0%まで認められています。それよりも4.0%も低いのはかなり大きいと思います。数万円の借入なら大差はないかもしれませんが、さすがに50万円となると毎月の返済額に響いてきます。低金利になるほど利息は減るので、他社借入額・件数がそれほど多くないなら低金利ローンにチャレンジするべきでしょう。この銀行から50万円の融資を受けたあと、半年くらい経過してから増枠交渉をしました。しかし、増枠審査にはパスすることはできず、融資枠は現状維持の50万円となりました。銀行ローンは総量規制の対象外ですが、いくらでも借入できるわけではないようです。借入限度額に関しては、総量規制の対象となる消費者金融と比較してあまり変わらないと思います。確かに法的には年収の3分の1以上の借入は可能ですが、最終的に限度額を決めるのは銀行です。銀行独自の基準によって融資額を決めるので、年収の3分の1を超えて借入できるとは限らないのでしょう。

研究写真 ☆サイト一覧
■銀行系のカードローンも大手消費者金融とほぼ同じ金利
■いくらでも借入できるわけではない
■カードローンを比べるときのポイント